依託を受けましてフルカスタマイズを

文字化け対策、エンコードの処理

今年の3月に自社のホームページをブログ形式(WordPressを使用)に変更し、延々、長い時間をかけて勉強してプラグインの設置やテーマ(テンプレート)の改造や書きだしを行いました。

現在ご覧のホームページ(OfficeTrue)を製作したのは谷口(弟)です。

これがまあ、手間はかかるは面倒だわ、難しいわで良いこと無し。元は別でやってるnobee.comのショッピングカートを以前からこの会社(OfficeTrue)の内部に設置してあるので「文字化けを何とかしないと」程度で手がけただけだったんですが・・・。

最近になってネットを取り巻く環境が大きく変わり、文字エンコードが変更になっています。

日本語の表示にはShif-JISが使われてました。ところが最近はUTF-8が主流です。ブログなどを中心にしたサイトが増えてきましたので昔ながらのShif-JIS(日本語ローカル)ではなく、UTF-8(国際標準)に合わせた設定や文字エンコードが主流に変わってきたんですよね。

16bitの日本語エンコードであるShif-JISは、ブラウザの設定によっては文字化けします。マルチバイト処理をするUnicode エンコードであるUTF-8に変更しておいたほうが、後々のトラブルが回避できる可能性が高まります。

んが。ここで大きな問題が・・・。

ショッピングカートの処理が・・・。日本のショッピングカートの内部処理は今だにShif-JISなんですね。入り口である商品陳列ページはUTF-8なのに、内部に情報を渡すとShift-JIS。

つまり、WordPressにシステムを変更すれば自動的に「カート内部で」文字化けします。

決済代行サービスやプロバイダの対応

WordPressは少し前からShif-JISを辞め、内部はUTF-8になっています。当初、それを知らないで四苦八苦しました。Header部分だけが文字化けしてしまったり。作ったファイルを保存する時にUTF-8に変更してやらないと何度でも文字化けします。

初心者がWordPressを用いるようになって、GoogleやYahoo!の検索窓を設置する時に「検索」の文字などが文字化けしてしまうのは、大抵そのせい。

で、今度はそれにきっちり対応すると「ショッピングカートから」内部のショッピング処理への情報伝達が巧く行われません。商品名や注意書きが全部、文字化けするようになるのです。これの脱出方法が見つからず四苦八苦しました。

同じような状況で苦しんでいる人は大勢いるのですが、クレジット処理やカートを提供しているプロバイダ、カード会社、決済代行サービスの会社がShift-JISでしか対応しておらず問い合わせをしてもまともな返答は返ってきません。

文字エンコードに対応しようと思えば、内部のシステムを大幅に変更しないといけませんからね。しかも、セキュリティも確保しないといけない。多額の費用と時間が必要でしょう。だから嫌なんでしょうね。末端の社員はその辺りの問い合わせをしても理解すらしていませんし。

何度も問い合わせをすると「ここに新しいショップを開け!」とか「このソフトを新たに購入すればいい!」だとか(笑)。頓珍漢な解答ばかり返ってきます。

私としては「WordPressに」組み込みたいのです。今のプロバイダ、今のサイトにカートを付けたいの(怒)。

相手先(決済代行サービスやプロバイダ)に、新たにショップを開業すればいいって問題ではありません。それではインターフェイス、見た目も大幅に変わりますしドメイン名も違う。

ショッピングカートだけのために多額の追加料金を支払う必要もあります。それでは完全に別サイトになってしまう。そんなことを求めているのではありません。

結局は数週間を費やし、様々な方法を散々試しまくってどうにか多少はまともに動作するようになりました。暫定的な措置で多少の不具合はありますが、しばらくはこれで動作するでしょう。

おそらく、こういった形で時間を稼いでいるうちに各社(決済代行サービスやクレジット会社、プロバイダ)がUTF-8に対応してくると思います。

UTF-8が、今後の文字エンコードの主流になるのは間違いないですから。

情けは人(他人)のためならず?

ちょっと環境を整えようだとか、別のサイト(nobee.com)で勉強したWordPressの知識を用いて「会社のホームページも綺麗にしておこうぜ!」みたいな安易な考えをしたために、苦労しました。

私個人には何の実入りもメリットもなかったり(笑)。お金は貰っていません。システム開発をやっている社長(兄)のため、多少は綺麗なホームページにしてせめて、同業他社よりは見劣りしないサイトにしておいてあげたいとの思いから数ヶ月も四苦八苦する羽目に。

社長が作ったイラストとか模式図も気に入らなくてですね。技術者らしい話なのですが、一般人が見ても何のことやらわからない。全てを作り直しました。忙しい社長に変わって私自身がやることになりますからIllustratorにもPhotoshopにもどんどん詳しくなっていったりします。

が、不思議なものだなぁと思うのは、結果としてそのことがきっかけで別の仕事の話が。会社の得意先からサイト更新(作り替え)のお話を戴きまして・・・。

Office Trueのサイトの構成、用いたプラグインを原型に更に発展させた形で仕上げることになりました。その時に勉強したテンプレート造りやプラグインの設置方法がそのまま活かせることに。

情けは人(他人)のためならず、ということわざがあります。

いらぬおせっかいとか親切心から生じたことであっても、努力はしておくものだなぁと思います。他人のためではなく自分自身のために。これは私の座右の銘ですが、他人は裏切ることもあります。

他人(人)ってのは、やはり他人ですよ。同じ人間ではない。よその人です。それぞれに思惑や立場が違う。どんなにいい人でも家族や自分自身が餓え死にしそうなのに、よそ様の子供や家族に施しをしたり、持っているものを分けることはなかなかに難しいのです。

自分を取り巻く環境が厳しくなれば嘘もつくし裏切りもする。我とわが身が可愛いのは皆、同じなんです。悪意がなくても優先順位はある。その全てに憤り、怒り、唾を吐いても現状は良くはなりません。

だからこそ、技術とか知識とか経験が大切になる。自らで学び培った経験は誰も奪うことが出来ません。面倒ながらも懸命に努力していると、その苦労の果てに作った製品を褒めてくださったり「ウチでも作ってくれ!」と言ってくださることもある。

これは、生きてゆく上でやはり励みになります。

人生、辛いことや苦しいことも多いですからね(笑)。嫌な得意先やうざい上司、うっとおしいトラブルや言いがかりも数限りなくある。ただし、そういった世知辛い世の中でも時折、至極(しぎょく)の輝きを持った出会いとか、思わぬ仕事のお話を戴くこともあります。

数少ないかもしれませんが、そういった出会いやチャンスを求めて日々、諦めることなく弛まぬ努力を重ねたいものですね。

2010年07月02日

谷口信行

コメントは受け付けていません。

お問い合わせは電話かfoamで
tel2
Amazonに出品中
FileMaker正規デベロッパー
FileMaker正規デベロッパー