恐怖の連休明け。。。

なぜかトラブルがおこる。それも重なって。

良い悪いはいろいろ意見があるところですが、最近はコンピュータの無い環境を考えられなくなりました。インターネットもそうですね。丸一日テレビを見ない時はあっても、パソコンをさわらない日がありません。私だけなのかもしれませんが。

事務作業をするにしても業務をこなすにしてもパソコンは必須。ご機嫌良く動いてくれるうちはついついそのありがたみを忘れがちなのですが、いざ動かなくなった時の恐怖はその状況にブチあたった人しかわかりません。

今日から仕事。がんばるぞ〜(って人は少ないのかもしれませんが)、なのに、電源がつかない。得意先からガンガン電話がかかってくる。なのにデータが見れないから何もできない。「すみません、パソコンの調子が悪くて」って言って何度かはスルーできてもいつまでもスルーできない。そこで初めてパソコンが直るまで何もできない自分に気がつきます。

パソコンは精密機械です。ほこりや振動や熱には弱いんです。それはわかっていてもついついマメに掃除しなかったり、横でタバコを吸ってみたり(私はタバコは吸いませんが)、排気ファンに書類を重ねてみたり、キーボードに飲み物をこぼしたり、といった話しをちょくちょく聞きます。

マメに掃除をして下さいって私がうるさくいうから、マメに掃除を始めたら誤って掃除機でコンセントを抜いて壊れてしまった、なんて笑えない話しもあります。

少なくとも私が初めてパソコンにあった時は、ウン百万円以上してました。車みたいなもんです。だから専用の部屋に置いて空調もつけて大事にしてましたけど(ほんまかいな?)、今は数万円で買えますから扱いが変わるのは仕方ないんでしょう。でも、本当はもうちょっと大事にしないといけないような気もします。まあ、データさえあればなんとかなるので、データのバックアップをマメにすればいいんです。

そういう私も、つい最近まで、お客さんにはバックアップしてしてとうるさく言うくせに自分の方はさっぱりでしたから。ハードディスクも安くなったし、専用のバックアップソフトもいろいろ選択肢があるし、MACなら勝手にバックアップとってくれるし、で、やっとバックアップを取るようになりました。

そうはいっても最後は手動でバックアップとるのが一番なんですよね。

データのバックアップは大切です

去年の年末にはお客さんのサーバーがクラッシュして大変なことになってしまいました。形あるものはいつか必ず壊れますからそのために完全なバックアップをしてあったつもりなのですが・・・。

そのいざとなった時に肝心のバックアップデータが全く使い物にならず、偶然にプリントアウトしてあったデータを手作業で再入力するというお粗末さ。結局通常のソフトでの復旧はままならず、専門の業者に頼んで大金をはたいてやっとデータを回復することになってしまいました。

バックアップソフトで定期的にスケジュールを組んで、それが実行されているところまでは確認していたのですが、バックアップのデータが使い物にならないとは思わなかった。

コンピュータも所詮は人間の作った道具ですから完璧ではありません。だから定期的なチェックは欠かせないということを痛切に感じることになりました。

忙しくなるとついいろんな意味で手を抜いてしまいがちです。あとにのばしてその時は楽をできても、あとで何倍も手間がかかるぐらいだったら、今やった方がいい。逆に時間の無駄かなと思いつつも、時間と手間をかけたおかげで、あとで大きな問題を回避できていたことに気づくこともあります。

急がば回れ。ですね。

連休明けや長期休業のあとは、なぜかこういったトラブルが良く発生します。パソコンの電源がつかない、モニターがつかない、インターネットが使えないとか。だいたいは連休前に掃除をした加減で電源ケーブルがちゃんとささってないとか、緩んでるとかなので、そのあたりを見直してもらうと解決します。

それでもいくつか解決しないときもあって、パソコンも休ませると通常業務に戻るまで時間がかかるんかいな?と思ったり。もちろん修理等に向かえば時間チャージで費用はもらってますがぜんぜん割に合いません。うまくなおるまで胃が痛いだけだし、なぜか複数重なるんですよ、そういうのって。

今日から恐怖の連休明け。何事もおこりませんように。。。

2010年5月6日

谷口真悟

コメントは受け付けていません。

お問い合わせは電話かfoamで
tel2
Amazonに出品中
FileMaker正規デベロッパー
FileMaker正規デベロッパー